全米オープン優勝!?大坂なおみはなぜ日本語でインタビュー?生まれた場所と年齢は?

2018年9月7日。北海道胆振東部地震という悲しいできごとが起きた中、嬉しいニュースが飛び込んできました!

プロテニス選手の大坂なおみさん、全米オープンで日本女子史上初の決勝進出という快挙を成し遂げました!

試合後のインタビューを日本語で話す理由も調べてみました!

スポンサーリンク

生まれは?テニスを始めた年齢は?大坂なおみさんのプロフィール

出典元:サンスポ

  • 生年月日:1997年10月16日
  • 星座:てんびん座
  • 出身地:大阪府
  • デビュー:2011年~

ハイチ出身でアメリカ国籍のお父さんと日本人のお母さんの間に生まれたハーフとなります。

お父さんは13年間日本にいたのですが、その間に生まれたのが大坂なおみさんです。

また、大坂なおみさんのお姉さん:大坂まりさんもプロテニスプレーヤーです。

お姉さんは、シングルスで最高位289位(2018年4月時点)ということで、そんなに強くはないみたいです。

とはいえ、このお姉さんの影響もあったのでしょう、テニスを始めた年齢は、なんと!3才から!

最初のコーチはお父さんだそうです。

ちなみに、お父さん、テニス経験はありません!

が、お父さんの指導の元、近所のテニスセンターで練習します。

大坂なおみさんがお父さんに初めて勝ったのは、5才の時らしいですよ!

一応、本人はお父さんのことを考えて7才と話していますが♪

2001年、4才くらいの時にアメリカに移住します。

ニューヨーク州に住み、今回の全米オープンの会場でもある”ナショナル・テニス・センター”で練習します。

その後、フロリダに移り、2011年、年齢が14才の時にITFサーキットの”モンテゴ・ベイ大会”でデビューします!

そして、もはやその才能の片鱗を見せていますが、ジュニア大会ではもの足りないのかツアー下部の大会に出場するようになるのです。

注目され始めたのは、2014年頃からでしょうか?

”バンク・オブ・ウェスト・クラシック”の1回戦で2011年の全米オープンで優勝したサマンサ・ストーサーさんに勝ちます。

この時、すでにサーブでは193kmを記録しています!

2015年には優勝、準優勝と色々な大会で活躍し始めます。

そして、2016年からはテニスの4大大会:グランドスラムでも頭角を現します。

コンスタントに3回戦まではいくようになり、シングルランキングの選手にも勝つようになり、トップ50入りを果たします!

そして、この年に日本女子選手初となるWTAアワード最優秀新人賞にも選ばれ、日清食品ホールディングスと契約しました。

2017年はさらに飛躍の年となり、特に全米オープンでは2016年優勝者のアンゲリク・ケルバーに勝利するという快挙を成し遂げます!

そして、12月運命の人がコーチになるのです。

サーシャ・バジンさんです!

大坂なおみさんが憧れるトップテニスプレーヤーのセリーナ・ウィリアムズさんを指導したこともあるサーシャ・バジンさんにつくことにより、大坂なおみさんは快進撃を続けるようになるのです。

大坂なおみさんは肉体的に恵まれているため速いサーブを始め、パワーを武器に成長してきました。

反面、”あと1ゲーム取ったら勝利する”という場面で勝利を意識し過ぎ、連続してゲームを落としてしまい負けてしまうというメンタル面に弱さを抱えていました。

また、ラリーなどで走り負けてしまう時もあったのですが、サーシャ・バジンさんのコーチングを受けることにより、あきらめないメンタルの強さを身につけ、2018年、ついにWTAツアーで初優勝します!

その後も活躍し全仏オープンでは初のシード選手となり、今回の全米オープンでは第20シードとして出場します。

そして、日本女子史上初の全米オープンベスト4になったかと思ったら、今回の準決勝でマディソン・キーズさんに6-2、6-4と勝ち、見事決勝進出を果たしたのです!

スポンサーリンク

日本語でインタビューする理由は?

さて、毎回勝利後にカタコト?の日本語でインタビューを受ける大坂なおみさん。

”かわいい”と評判ですが、なぜ英語だけでなく、日本語でも話すのでしょうか?

出典元:オフィシャルサイト

大坂なおみさんは、いわゆる二重国籍となり、アメリカと日本という2つの国籍を持っています。

そのため『日本を大事にしているのかな?』と思ったのですが、2つの理由があるそうです。

  • テニス選手としての国籍を日本にしている
  • テニスの記者会見では母国語でインタビューを受けるのが通例

といったことで、日本語でも話しているみたいですね!

ちなみにテニスで記者会見に呼ばれた選手が自らキャンセルしてしまった場合、罰金などの罰則があるそうです。

けっこう厳しいんですね!

全米オープン優勝!?強力な3つのサーブとは?

2018年9月9日(日本時間)に行われる全米オープンですが、大坂なおみさんは憧れの選手:セリーナ・ウィリアムズさんと戦います!

憧れの選手と全米オープンの決勝で戦えるというのは凄いことですよね!

大坂なおみさん勢いに乗っているので大丈夫だと思いますが、個人的に年齢でも有利なのかな?と思っています。

大坂なおみさん:20才

セリーナ・ウィリアムズさん:36才

もちろん、セリーナ・ウィリアムズさんはグランドスラム4連勝という快挙を成し遂げ、2018年もウィンブルドンで準優勝しているなど、未だ衰えをみせていません。

とはいえ、大坂なおみさんには3つの武器があります!

  • フラットサーブ
  • スライスサーブ
  • スピンサーブ

1つ目のフラットサーブは、最高速201kmを記録した大坂なおみさんの代名詞的なサーブですね!

2つ目のサーブはスライス回転がかかっていて、相手から遠ざかるように跳ねるサーブです。

そして3つ目は、バウンド後、ボールが高く跳ねるので、やはり相手が打ちにくいサーブとなります。

野球でもそうですが、ストレートが来ると思っていた時にスライダーが来た場合、打ち損じてしまったりしますし、逆にスライダーが来ると思っていた時に速球が来ると振り遅れますよね?

特に大坂なおみさんのフラットサーブは速いので、相手の読みをはずしながらサーブを決めれば優勝すること間違いないでしょう!

スポンサーリンク

まとめ

大坂なおみさん、いかがでした?

日本で注目され始めた頃は、ほとんど日本語を話せなかったので、『アメリカ生まれなんだろうな?』なんて思っていたら、名前のごとく大阪生まれなんですね!

また、この”大坂”という苗字はお母さん方の姓だそうです。

お母さん方のおじいさんが北海道にいて、大坂なおみさんにお寿司をごちそうする、といったことが取り上げられたことがありました。

その関係か、大坂なおみさんの日本での住所は北海道の札幌市だそうですよ!

なにはともあれ、9月9日はみんなで大坂なおみさんを応援しましょう!

もちろん、その前に錦織圭さんも応援しないとですね!

View this post on Instagram

Seriously thank you everyone from the bottom of my heart 😭❤️ ありがとうございます @usopen

Naomi Osaka 大坂なおみさん(@naomiosakatennis)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク