伊右衛門 特茶のCM さまぁ~ずと一緒に出ている女性は誰?

ソーセージをおいしそうに食べる女性。

30秒バージョンのCMでは、最後のシーンで伊右衛門の特茶を『本当においしい!』という表情で飲む女性。

『見たことある顔だなあ?』と思いつつ、ちゃんと知らなかったので調べてみました!

スポンサーリンク

9頭身美人が“伊右衛門 特茶”のCMに出演!

9月10日からオンエアーが開始されたCM。

本木雅弘さんが冒頭に登場し、テンポ良く画面が切り替わり色々な人が出ています。

その中でもハッキリ顔が分かるのが3人いて、さまぁ~ずの2人と、もう1人がソーセージを食べている朝比奈彩さんです!

ちなみに伊右衛門といえば、このCMも話題になりましたよね?

ドリフの3人が出演し話題になっている伊右衛門の新CM 場所やテーマ曲は?

朝比奈彩さんのプロフィール

出典元:モデルプレス

  • 生年月日:1993年10月6日
  • 星座:てんびん座
  • 血液型:O型
  • 出身地:兵庫県
  • デビュー:2014年~

兵庫県洲本市出身ということで、淡路島の出身なんですね。

本名は松瀬彩だそうですが、本名も芸能人っぽいですね!

そして身長が171cmあるそうです!

9頭身美人として有名ですが、中学時代に20人くらいから告白されたそうですよ!

幼稚園の卒業文集に「モーニング娘。に入りたい」と書いたそうで、小学校の卒業文集には将来つきたい仕事としめ「モデルの仕事」と書いたそうです。

実現しちゃうから凄いですよね!

思ってみるもんですね!

小学校から高校まで陸上部にいたらしく、県大会で8位に入るほど足が速かったそうです。

100mは12.8秒の記録を持ってます!

高校卒業後に就職しますが、なんと!産婦人科の助産師を務めたということで、珍しい経歴を持ってますね!

20才を前に『このままだと私は一生後悔する』と感じ、親を説得しようやく島を出たそうです。

そしね、デビューのきっかけを自ら作っちゃいます。

私は分からないですが、淡路島ほどの大きい島でも、島をなかなか出にくいもんなんですかねえ?

上京した朝比奈彩さんは、2013年から“北川彩”という芸名でモデルやレースクイーンとして活動を始めます。

翌2014年、生島企画室に所属したことがきっかけで、大きな転機を迎えます。

生島企画室といえば、2017年にデビューした渡邊渚さんも同じですね!

幻のミス慶応:渡邊渚 女優として活躍だが事務所はアナウンサー系?

2014年10月、DHCシンデレラアワードでグランプリを獲得するのです!

わ、若い!まだ島から出てきたばかり、という感じですね♪

出典元:オリコンニュース

その後、雑誌“Ray”の専属モデルになり、日本を代表する水着メーカーの“三愛水着”のイメージガールにも選ばれます。

出典元:オリコンニュース

これすべて2014年のことです!

島を出て後悔しないように生きようと思ったら、人生がガラッと変わり、朝比奈彩さんの美貌であれば当然といえば当然ですが、驚いたのではないでしょうか?

モデルだけではなく、2017年には女優デビューもし、2018年には話題の“チア☆ダン”にも出演!

そして、今思い出しましたが、私が朝比奈彩さんを初めて見たのはレイクのCMだった気がしますw

スポンサーリンク

伊右衛門 特茶とは?

伊右衛門の特茶をお伝えする前に、そもそも“トクホ”について調べてみました。

出典元:オフィシャルサイト

トクホとは?

特定健康用食品の略です。

国による厳正な審査、評価が行われ、消費者庁長官から許可を得た商品だけが名乗ることができます。

伊右衛門の特茶とは

特茶は、脂肪分解酵素を活性化させるケルセチン配糖体の働きにより、体脂肪を減らすのを助けます。

出典元:オフィシャルサイト

その特徴は4種類あり、

  1. 体脂肪を減らすのを助ける
  2. 体の脂肪に働きかける
  3. 苦くなくておいしい
  4. 植物由来成分

とのことです。

実際に飲んでいる人たちにも好評のようですよ!

特茶を飲んでいる方々の実際の声

スポンサーリンク

まとめ

いかがでした?

伊右衛門 特茶のCM。

本格的な味がする伊右衛門は、元々好きでしたが、こんなに体にいいと飲む頻度が増えそうですw

今後も伊右衛門と共に朝比奈彩さんにも注目ですね!

最後は、9頭身の素晴らしさが分かりやすい1枚をどうぞ!w

View this post on Instagram

#vsリアルガチ危険生物 #衝撃写真 #出川さん #股下 #彩ちゃん の #膝で #終わってる

濱口優さん(@hamaguchi_masaru)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク