英語も話せピアノも弾ける大石絵理さん。韓国語も勉強中の理由は?

バイセクシャル発言も有名で数々のテレビでも活躍中の大石絵理さん。

今回は”モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~【驚き連発ビール工場ツアー】”に出演するとのことで調べてみました!

スポンサーリンク

すでに英語を話せ、韓国語も勉強中の大石絵理さんのプロフィール

  • 生年月日:1993年12月22日
  • 星座:いて座
  • 血液型:A型
  • 出身地:東京都
  • デビュー:2010年~

出典元:オフィシャルサイト

お父さんが日本人で、お母さんがフランスと韓国のハーフだそうです。

つまり大石絵理さんはクォーターなんですね!

元々小学生の頃からモデルに憧れていて、高校生の時に友人の付き添いとして事務所に行ったところ、何とスタッフが大石さんをスカウトしたそうです!

そのまま芸能界入りしデビュー!

さらに”ミスセブンティーン”にファイナリストとして残ります。

2013年、大石絵理さんの有名なエピソードとして”バイセクシャル”をカミングアウトします。

”有吉ジャポン”に出演した際に「男の子も女の子も・・・」と発言し、みんなを驚かせます。

番組では「女の子より男の子の方が長く付き合える」とも言っており、その理由が(彼女である)女の子の友達が女でも男でもどっちも付き合ってしまうのかと心配になるそうで、(彼氏である)男の子だった場合は、男友達と遊ぶ分には心配にならないからだそうです。

ちょっと分かりにくいですが、まあ納得しておきましょうw

とはいえ、この話。話題作りの売名行為だったのでは?と指摘されています。

実際、俳優の平岡祐太さんやジャイアンツの坂本選手との付き合いが報じられており、恐らく男の人と付き合うのが好きなのではないでしょうか?

その後、2014年から下着メーカーのトリンプのイメージガールを務め、2015年には東京ヤクルトスワローズの公認サポーターにもなっています。

そんな大石絵理さん、小学生から中学生くらいまで夏休みなどの長期休暇の時は、アメリカに行っていたそうです。

だから英語ができるんですね!

他にもロンドンなどの海外にも頻繁に行っているようです。

それもそのはずで父親は歯医者、母親はピアノの先生だそうなので納得です。

スポンサーリンク

ピアノまでできる大石絵理さんはお嬢様!?

お母さんがピアノの先生ということで、自然に大石絵理さんもピアノを教わることになったのでしょう。

プロフィールにも”特技:ピアノ”と書かれています。

プロフィールにはさらに”絶対音感”とも書かれています!

3歳からピアノをやっていて絶対音感を身につけたそうですよ。

2016年には”芸能界特技王決定戦TEPPEN”という番組で”子犬のワルツ”を弾く姿が流れています。

家にはグランドピアノがあったと言いますし、前述のように小さい頃から海外へ頻繁に行っているようなので、セレブであることは間違いなさそうですね!

今はゴルフやジム通いもしているそうなので、セレブ感に拍車がかかっています!w

@atoz.personal.training.gym 🔥 🤳 @jun.amaki 🍼💓 #workout #training #gym #girlsworkout

大石絵理 Eri Oishiさん(@erioishitokyo)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

モノシリーのとっておきではどんな発言が!?

4月27日(金)に放送される”モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~【驚き連発ビール工場ツアー】”

飾らずストレートな発言が多い大石絵理さん。どんな姿を見せてくれるのか楽しみですね!

まとめ

今回は大石絵理さんを取り上げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

「友達がいない」という発言や、「おのののかさんを嫌い」という発言などもあり、『性格が悪いのでは?』なんて噂もありますが、正直な発言が誤解を生んでいるのかも知れません。

海外で生活した人が言われがちですが、日本とは違い気持ちをズバッと言う文化に触れることが多かったため、大胆な発言と捉えられてしまうのかも知れませんね?

「心配性なので、自分が劣化しないようにジムに行く」という大石絵理さん。

これからもその可愛さを維持しつつ、ストレートな発言で活躍して欲しいです!

出典元:モデルプレス

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク