三代目JSB:岩田剛典 大学が凄い!サークルは?デビュー時の年齢は!?

今や最高にモテている男の1人であろう三代目J Soul Brothers、EXILEの:岩田剛典さん(がんちゃん)!

モテているのはもちろん今だけではなく、大学時代からモテているようです。

モニタリングで一般の方に「ここで死にたい!」と言わせたとのことで調べてみました!

スポンサーリンク

デビューした年齢は?岩田剛典さんのプロフィール

  • 生年月日:1989年3月6日
  • 星座:うお座
  • 血液型:B型
  • 出身地:愛知県
  • デビュー:2010年~

出典元:モデルプレス

中学受験をし一貫教育として慶應義塾に入ります。

すでに中学時代にエリートコース入りです!

もちろん、高校、大学と慶應義塾です。

高校時代にはラクロス部に入り、U-19ラクロス日本代表候補に選ばれています!

やはりダンスができるだけあって運動神経いいんですね!

高校3年の時に映画:RIZEを観てダンスを始めたようです。

すぐにKRUMPというストリートダンスを始めています。

ここから今の3代目JSBに繋がる動きが見えます。

詳しくは後述しますが、大学ではダンスサークルに入り部長も務めるまでに至ります。

大学4年の時には一般的な学生と同じように就職活動をし、しかもきちんと内定も取っています。

取った内定もけっこういい会社だったようですよ!

どこまでエリートなんですか!?と言いたいですw

大学時代には”ミスター慶應コンテスト2009”にエントリーし最終候補者まで残っています。

出典元:慶應ジャーナル

大学生ということもありますが、今よりかチャラそうですw

コンテストの翌2010年、決まっていた就職の内定を断り、今は共に活躍する小林直己さんに誘われて、三代目J Soul Brothersのパフォーマーになります!

この時の年齢が、21才です。

ちなみに小林直己さんは、岩田剛典さんのサークルの先輩だったようです。

同時にKRUMPでは、全国大会の”KING OF BUCK”で優勝します!

そのおかげでKRUMPの創始者Tight Eyezにも認められて、STREET KINGDOM JAPANのメンバーともなります。

もはや、向かうところ敵なし!w

凄すぎてうらやましいとも悔しいとも思わず、ただただ拍手喝采です!w

その後はみなさんご存知の通り、ダンスは当然のことながらテレビや映画、CMなどでも大活躍中です!

2018年4月期は主役として日本テレビの”崖っぷちホテル!”に出演し、爽やかすぎる笑顔で私たちを楽しませてくれています!

大学時代のサークルは納得のサークル!

さて、大学時代にダンスサークルに入っていたことをお伝えしましたが、そのサークル名は”Dancing Crew JADE”といいます。

100人以上いるので、メッチャ大きなサークルですね!

しかもモテる男子が多い慶應・・・。

『あれやこれや悪いこともやっちゃったのでは?』と勘繰りたくなりますが、大丈夫なようですよ。

ダンスに打ち込むためのサークルだったようで、それだからこそ岩田剛典さんも三代目JSBに誘われたり、”KING OF BUCK”でも優勝できたのでしょう!

しかもただサークルに入っていただけではなく、第18代目の部長にも選ばれています!

いやあ、今までもマルチな才能を持っている人たちを取り上げてきましたが、本当岩田剛典さんは天から二物どころか三物も四物も与えられていますね!

やっぱりうらやましいwww

スポンサーリンク

モニタリングで女子を悩殺!?

そんな人気絶頂の岩田剛典さんが、あの”モニタリング”に登場!

何を隠そう、私もモニタリングに少しからんだことがあるのですがw、中でも一番おもしろくて、驚かされた方も幸せになれる企画に出演します!

喫茶店で岩田剛典さんと相席しちゃう女子2人!

もはやリアクションを想像できちゃいますがw、その場で死んでもいいくらいの喜びを爆発させます!w

観るしかないですね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?岩田剛典さんことがんちゃん。

格好いいし、可愛いし、爽やかだし、ダンスはうまいし、頭はいいし・・・

誉めるところが終わらない!w

とはいえ、中学受験時代も勉強を凄くしたのでしょうし、就活もきちんと大学で単位を取っていて、ダンスもしっかりやりながらSPIや面接の対策もしたのでしょうし、努力なくして今の立場は無かったでしょう。

天が三物も四物も与えたではなく、本人の努力の結果なのでしょうから、私も頑張ろ!と最後は自分を励ます文になっちゃいましたけど、岩田剛典さん、これから益々目が離せません!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク