よしもと所属の盲目の漫談家:濱田祐太郎 視力はほぼ無い?ハートネットTVに出演!

2018年のR-1ぐらんぷりに出場し、おぐさんや、ゆりやんレトリィバァさんをおさえ、16代目のR-1王者となった濱田祐太郎さん!

漫談家としてのネタには賛否両論あるようですが、ハートネットTVに出演ということで調べてみました!

スポンサーリンク

よしもとに入る意気込みも凄かった濱田祐太郎さん!

  • 生年月日:1989年9月8日
  • 星座:おとめ座
  • 血液型:O型
  • 出身地:兵庫県
  • デビュー:2013年

出典元:オフィシャルサイト

生まれは兵庫県。

ピッキーズとハリガネロックが好きで、中学生くらいからお笑い芸人になりたいと思ったそうです。

ちなみに小学校、中学校は普通の学校で、高校から盲学校に通っています。

そして、親のことも考え、お笑い芸人になれなかった時も食べていけることを示すために盲学校を卒業後にマッサージの資格を取ります。

両親にお笑い芸人になりたいことを伝えると当然ながら反対されます。

しかし、くじけずに説得を続け最終的に「好きにしたらええよ」と納得してもらえたようです。

マッサージのアルバイトで40万円貯め、満を持して2012年に大阪NSC35期生となります。

同期にはゆりやんレトリィバァさんがいて、彼女は優秀なクラスにいました。

濱田祐太郎さんは優秀クラスには入れませんでしたが、2013年、漫談家としてデビューします!

しかも、実は濱田祐太郎さん、中学生の時にお笑い芸人になると決意して、人前で初めてネタを話したのがNSC時代の”R-1ぐらんぷり”でした!

しかも初めての”R-1ぐらんぷり”で準優勝しちゃってます!

その時は終わった後も膝ががくがく震えるほど緊張していたみたいです。

練習も工夫していて、携帯電話の画面の文字を音声で読み上げてくれる機能でネタを覚えたり、視覚障害者用の腕時計を使ってネタの時間をチェックしたりと、盲目ならではの方法で腕を磨いているようです!

ただし盲目だから耳はいいんじゃない?という質問に対しては、

「見えてない分、他の人より耳聞こえてるんちゃうん?」て言われたのを聞き返したことありますから

出典元:マイナビニュース

と話していて、盛ってるのかも知れませんが、素敵なユーモアで答えていますw

ちなみにアコースティックギターなども弾くようで、ぜひテレビでも観てみたいですね!

スポンサーリンク

視力はどれくらい!?まったく見えないのか?

濱田祐太郎さんは盲学校に通っているくらいですから、視力はかなり悪いと思いますが、実際どれくらい見えないのでしょう?

約3万人に1人の割合で発症する先天性緑内障だそうです。

そのため左目はまったく見えず、右目も明るさがかろうじて分かる程度だそうです。

この症状は障がい者1級にあたるそうで、医療費や税金は軽減されます。

それくらい大変な状況ではありますが、”お笑いが好きだ!”という気持ちを貫き、自分の夢をかなえたというのは、私たちも勉強になります。

また、濱田祐太郎さんはステージで話す時もマイクの位置までサポートを受けて移動します。

R-1ぐらんぷりでもサポートを受けマイク位置まで行きますが、得点発表の時にある人のサポートを受けます。

同じくCブロックに出ていた紺野ぶるまさんが濱田祐太郎さんの隣にいたのですが、モニターに映る特典が見えない濱田祐太郎さんに状況を逐一教えてあげていたのです!

Cブロックには4人いて、唯一ポイントが入らなかった紺野ぶるまさんなんですが、その行動に「ぶるまさんは人間性的に満点」などの評価を受けています。

いや、本当に素敵ですよね!

↓その時のシーンがこちら↓

千原ジュニアさんもタジタジになるというハートネットTVに出演!

さて、濱田祐太郎さん。

R-1ぐらんぷり優勝後はすぐに50本くらい仕事が入って、”目が見えないのに目まぐるしい”生活になっているようですが、今回千原ジュニアさんがMCを務める”ハートネットTV”に出演します!

トークの達人、千原ジュニアさんとどんなトークを繰り広げるのか!?

というのも、この番組、NHKらしくない?という感じのディープなトークも繰り広げられます。

以前も盲目の弁護士の方が出ていた時に「えっ!?」というトークをされているので、今回も注目ですね!

スポンサーリンク

まとめ

濱田祐太郎さん、いかがでしたでしょうか?

出典元:関西テレビ

すでに水曜日のダウンタウンに出たり、今までとは生活がガラッと変わっているようです。

色々な意見も受けているとは思いますが、お笑いにかける熱い熱意で今後も活躍を広げて欲しいですね!

最後は、R-1ぐらんぷりで優勝した動画をどうぞ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク