”妖怪シェアハウス”で連ドラ初主演!モビットのCMでおなじみの小芝風花!デビューのきっかけは!?

小芝風花さんをご存知ですか?モビットのCMで私は知りましたが、フィギュアスケートやっていたんですね?

ドラマのヒロイン、主役と女優としてブレイクした小芝風花さんが、なぜ芸能界デビューしたなどを調べてみました!

目次

スポンサーリンク

事務所は?デビューのきっかけは?小芝風花さんのプロフィール

出典元:本人インスタグラム

  • 生年月日:1997年4月16日
  • 星座:おひつじ座
  • 血液型:A型
  • 出身地:大阪府
  • デビュー:2011年~

大阪で生まれた小芝風花さんは、本名も”小芝風花”といいます。

お母さんが好きな松山千春さんの”大空と大地の中で”という歌から”風花”という名前が付けられたそうです。

小芝風花さんは器械体操をやっていましたが、友達のお母さんに勧められフィギュアスケートを始めたそうです。

当時、トリノオリンピックで荒川静香さんが金メダルを獲得。

浅田真央さんや安藤美姫さんの活躍もあり、日本の女子フィギュアスケートは最高潮に盛り上がっていました。

とはいえ、友達のお母さんは何で小芝風花さんにフィギュアスケートを勧めたんですかね?

自分の子供のライバルを少なくしたかった?とかですかね?(^_^;)

小学校3年生からフィギュアスケートを始めた小芝風花さん。

大阪府立臨海スポーツセンターで練習し、スケート→学校→スケート→家、スケート→学校→スケート→家、というスケート漬けの毎日を過ごします。

”オスグッド・シュラッター症候群”というスポーツをやる子供たちがかかる病気になるも、2度の手術で乗り越え西日本中小学生フィギュアスケート競技会で入賞もしています。

2011年には、全日本フィギュアスケートノービス選手権大会で優勝!

小芝風花さんは、将来はスケートの講師として、子供たちに教えることを夢見ていたそうです。

そんな小芝風花さんが芸能界デビューしたきっかけは、何だったのでしょう?

女子スケート界の王者:浅田真央さんがテレビCMに出ているのを見て、『私も出たい』と憧れていた小芝風花さん。

小芝風花さんにはお姉さんがいるのですが、その言葉を聞いてオーディションの雑誌を買ってきたそうです。

そして、応募したのが”イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011”

お母さんに内緒で応募したそうですが、規定サイズとは違うサイズの写真を送ってしまい、『どうせ落ちるだろう』と思って応募したそうです。

ところが小芝風花さんは、なんと!グランプリを獲得します!

出典元:eltha

というわけで、直接的なデビューのきっかけはお姉さんでしたね!

イオンの新商品発表会、イベント、そして東京ガールズコレクションへの参加など、芸能人としての活動が始まる小芝風花さん。

ここで問題が発生・・・。

フィギュアスケートと芸能界の両立はできるのか?

悩んだ結果、小芝風花さんはフィギュアスケートをやめることを決意。

芸能界一本で勝負することにしたのです!

出典元:サイゾー

ところが、オーディションを受けるも落選ばかり・・・。

そんな中、自分は向いていないだろうと受けた”魔女の宅急便”のキキ役は、かえって気負わなかったのが良かったのか見事合格!

魔女の宅急便では賞も受賞し、女優としての実力を証明することになりました!

  • ブルーリボン賞:新人賞
  • 日本映画批評家大賞:新人女優賞

これもやはりオスカープロモーションという大手事務所に所属できたという影響もありあそうですね!

スポンサーリンク

モビットのCMでおなじみの小芝風花さん

”魔女の宅急便”に出演した時の小芝風花さんは、高校2年生でした。

その後も、映画、テレビ、ラジオ、CMと様々なところで活躍を広げつつ、2016年3月に無事高校を卒業。

小芝風花さんと聞いて私が『あ~』となったのが、こちらのCMです。

SMBCのモビットのCM。

ご存知の方も多いのでは?

他には、じゃらんも見たことある人多いのではないですか?

小芝風花さんの最新CMはこちらです。

キャンメイク東京の”透けツヤシャドウ篇”です!

”妖怪シェアハウス”で連ドラ初主演!

ノリに乗っている小芝風花さんは、7月からの連続ドラマ”妖怪シェアハウス”で民放連続ドラマで初主演を務めます。

出典元:オフィシャルサイト

コメディエンヌの次世代ホープとしても注目を浴びている小芝風花さんが、ホラーコメディーを見せてくれます!

そんな今作の脚本を手掛けるのは、『ケイゾク』(1999)や『SPEC』シリーズ、『民王』(2015)を手掛ける西荻弓絵、『世にも奇妙な物語』(2007ほか)シリーズで知られるブラジリィー・アン・山田ほか。また監督は、『怪談新耳袋』シリーズや『怪奇大家族』(2004)、『ケータイ刑事』シリーズの豊島圭介、『民王』、『おっさんずラブ』(2018)を手掛けた山本大輔が担当します。

出典元:オフィシャルサイト

ということで、かなり注目ですね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでした?小芝風花さん。

フィギュアスケートで様々な経験をしていたからこそ、芸能界でも頑張れているのでしょう。

バラエティにもけっこう出演していますし、息の長い女優として今後のさらなる活躍を期待したいですね!

スポンサーリンク