奥村チヨは年齢を気にして引退!?デビューのきっかけやヒット曲は?

NHKの歌番組“うたコン”で、奥村チヨさんがヒット曲をメドレーで歌うそうです!

今年引退ということで、気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

デビューのきっかけは!?奥村チヨさんのプロフィール

出典元:全日本歌謡情報センター

  • 生年月日:1947年2月18日
  • 星座:みずがめ座
  • 血液型:B型
  • 出身地:千葉県
  • デビュー:1965年~

本名は金野智代といいますが、これは結婚して姓が変わったためであり、旧姓は奥村智代でした。

生まれは千葉県ですが、3才で大阪に移ってるので大阪生まれと言っていいでしょう。

デビューのきっかけですが、一部サイトでは”スカウトされデビュー”とも書かれていましたが、夙川学院高校に通っていた当時、”知人がオーディションに応募”し受かったというのが一番初めのきっかけのようです。

このオーディションに受かり、小野薬品のドリンク剤“リキホルモ”のCMソングを歌ったのですが、奥村チヨさん自体は服のデザイナーになりたかったので、このCMソングだけ歌って終わりにしたかったようです。

ところが!この歌を聞いたレコード会社:東芝のディレクターが奥村チヨさんに惚れ込み、この後も歌を歌うよう説得したようです!

たまたま応募したオーディションから人生が変わるなんて凄いですね!

どこで誰が見ているか分からないから、とにかくチャレンジしてみることは大事だとあらためて思わされます!

高校を卒業後、1965年”あなたがいなくても / 私を愛して”でデビュー

黛ジュンさん、小川知子さんと共に”東芝3人娘”として人気を博したそうです。

その後もヒット曲を連発し、NHK紅白歌合戦にも出演!

中には引退も辞さない想いで歌いたい曲を選ぶなど、歌手として真剣な想いで活動を続けていました。

その曲がこちらです。

終着駅もそうですが、作曲は浜圭介さんとなり、この後も数々の曲を一緒に送り出します。

そして、1974年に奥村チヨさんは浜圭介さんと結婚することになるのです。

と同時に、芸能活動をやめてしまいます。

1980年にレコード会社を移籍してビクターから歌手活動を再開します。

再開後はマイペースな活動をし、ディナーショーなどを中心とし、その後、”60年代ブーム”に乗り過去の曲が再ヒットします。

現在は”ユニバーサルミュージック”に移籍しありがとう~サイレントムーンを2018年1月にリリースしました!

ヒット曲はどんなのがあったの?

引退を発表した時の年齢が70才と、18才の時からずっと歌手活動をしてきた奥村チヨさん。

ヒット曲としては恋の奴隷が有名です!

この曲の後に”恋泥棒””恋狂い”と、いわゆる”恋三部作”を歌ったのですが、実は嫌々歌っていたそうです。

というのも歌詞が男に媚びるような感じだったそうで、あまりの嫌さ加減にレコーディングで泣いてしまったこともあるようですよ。

とはいえ、恋の奴隷は51万枚も売れているんですけどね!

先ほど紹介した終着駅も40万枚売れていますが、この曲は奥村チヨさんが初めて自分から「歌わせて」と言った曲で、この曲で紅白歌合戦にも出ましたし、浜圭介さんも作曲家デビュー後なかなか売れなかったのが、この曲がヒットしたことにより作曲家として認められたようです。

ちなみに売れなかった浜圭介さんが気分転換に行ったアメリカのホテルで作られたのが終着駅だそうです!

スポンサーリンク

引退の理由は何?

ところで奥村チヨさん、なぜ引退してしまうのでしょう?

実は2014年にも引退を考えたことがあるようです。

この時はお母さんが亡くなったということで引退を考えたそうですが、次々にいい曲に出会ってしまったため、引退が遅れてしまったようです!

そして今回ありがとう~サイレントムーンというアルバムの1曲目:”サイレントムーン”という曲に巡り会ったことにより、歌手を卒業することになったそうです!

出典元:オフィシャルサイト

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?奥村チヨさん。

正直、私は知らなかったのですが、たまたま始まった歌手人生をこんなにも長く続けられた、ということに驚きました。

好きなものと得意なものは違う、というのは良くあることですが、本当何が自分に合っているか分からないですよね?

歌に始まり、歌に終わる感じの奥村チヨさん。

歌で素敵な旦那さんにも巡り会えてもいますし、本当に素敵な人生ですね!

引退は残念ですが、”うたコン”も含め最後まで素敵な歌を楽しませてくれそうですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク