神対応の演歌歌手:竹島宏 うたコンに出演してるのは紅白出場のため!?出身は?

新曲:“恋町カウンター”が自身2度目のオリコン1位(部門)となった竹島宏さん。

神対応でも有名ですが、本当真面目でいい方なんだなぁと思わせる性格のようなんで調べてみました!

スポンサーリンク

電話番から歌手に!?竹島宏さんのプロフィール

出典元:ジェイタメ

  • 生年月日:1978年8月28日
  • 星座:おとめ座
  • 血液型:A型
  • 出身地:福井県
  • デビュー:2002年~

福井県の出身で、世代的に光GENJIが好きだったようです。

ローラースケートを買ってもらって真似してたようですよ!

光GENJIから演歌歌手というのもかなりギャップがありますが、なぜかというと、ひいおばあさんの影響があるようです。

竹島宏さんが小学校5年生の時に、ひいばあさんに連れられて坂本冬美さんのコンサートに行きます。

坂本冬美さんは1987年に”あばれ太鼓”でデビューし、演歌では珍しい80万枚超えの大ヒット曲を引き下げて福井でコンサートを行っています。

初めてのコンサートということもあったようですが、坂本冬美さんのステージに衝撃を受け、『演歌歌手になる!』と思うようになったそうです。

中学時代には香田晋さんや山本譲二さんの曲を買っていたそうです。

ちなみに時代はカセットテープからCDに移行していた時期ですが、竹島宏さんはカセットテープで買っていたようです。

その後も演歌にハマっていてNHKの”のど自慢”に応募するも落選したり、演歌歌手になるために頑張っていたそうです。

福井ではチャンスが少ないと思ったのか、東京の大学へ行ききっかけをつかむことにしたそうです。

両親や高校の先生は『大学の4年間で考えが変わるだろう』と思っていたそうですが、初志貫徹の竹島宏さん、ちょっと変わった方法でデビューのきっかけをつかみます。

カラオケ番組の予選会に参加した帰りに、1人の婦人から声をかけられ別のカラオケの審査会に誘ってもらったそうです。

その審査会で久仁京介さんという作詞家に出会い、さらに久仁京介さんが事務所の社長を紹介してくれました。

その事務所が、現在も所属している”オフィスK”です!

竹島宏さんが大学3年生の時ですが、実は演歌歌手として事務所に入ったのではなく、まずは事務所の電話番としてアルバイトをしていたそうです。

そこで腐らなかったのが竹島宏さんの凄いところでしょう!

真面目にアルバイトをしていたのが評価されたのか、大学4年の時に、さらに驚くべきことに電話番からテレビ番組のアシスタントになります。

”歌謡サロン・演歌がええじゃん”にデビュー前なのに出演することになったのです!

というより、この番組への出演がデビューのきっかけとなります!

『いいもんだ いいもんだ』という曲でデビューするのですが、この曲は番組中のおみやげ屋さんを回るコーナーで歌う用に作られたもの。手拍子も入った陽気な曲調で、今の僕しか知らない人が聴いたら、きっと驚かれるでしょうね。

番組の中で「せっかくだから歌ったら?」ということで懐メロや事務所の先輩の曲を歌う時間をいただき、その頃からレッスンを受けるようになりました。久仁先生はその昔、遠藤 実先生のもと歌手志望で修行されていたこともあり、言葉の伝え方以外にリズムの取り方についても重点的に教えてくださいました。

出典元:ぴあ関西版

ということで、めでたく2002年に”いいもんだ いいもんだ”で、デビューすることになったのです!

上京→大学→アルバイト→テレビアシスタント→デビュー

いやあ、かなり遠回りでしたが、夢をあきらめずにデビューできたのは良かったですよね!

ちなみに出身大学は明治大学なので、勉強もできるようですよ!

デビュー後は毎年新曲を出し、オリコンの順位も徐々にではありますが上がっていきます。

そして、2018年8月15日には新曲”恋町カウンター”をリリースしました!

しかも、この曲ダンスも話題となっていて、一緒に踊れるよう動画もアップされています!

最近は演歌も色々なことをやっているんですね!

スポンサーリンク

神対応の握手会!苦労してるから?

デビューまで苦労した竹島宏さんですが、デビュー後も苦労は続きます。

2015年頃までは『歌手を続けられないかも?』と悩むこともあったそうです。

確かに竹島宏さんがデビューした2002年といえば、

  • H 浜崎あゆみさん
  • traveling 宇多田ヒカルさん
  • ワダツミの木 元ちとせさん
  • Life goes on Dragon Ash
  • Way of Difference GLAY

といった感じでJ-POP全盛期です!

ちなみに浜崎あゆみさんの”H”は、100万枚売れています。

なかなか辛い状況の演歌ですが、だからこそか?竹島宏さんは謙虚に頑張っているようです。

2008年には”イケメン3”としてNHK歌謡コンサートの企画で山内惠介さん、北川大介さんと演歌歌手トリオを結成したりして話題となったこともありますが、何より”神対応”が注目されています!

出典元:iZa

レコード店の握手会などでは、

  • 丁寧に手を握ってくれる
  • しっかり目を合わせてくれる
  • 細やかな気遣い
  • 出待ちのファンにも気さくに声かけ

といったように、アイドル顔負け、いやアイドル以上にファンを大切にした様子を見せてくれるそうです!

CDの売上枚数からも分かりますが、演歌はかなり苦労している人が多いですものね・・・。

スポンサーリンク

紅白のため?NHKのうたコンに頻繁に出演!

そんな努力の竹島宏さんですが、まだ紅白歌合戦には出ていません。

とはいえ、NHKの番組にはけっこう出ていて、最近では”うたコン”に頻繁に出ているようですね!

オリコンの順位もここ数年は10~20位台と上がってきていますし、新曲”恋町カウンター”が順調に売れていけば、今年こそ紅白歌合戦に出れるかも知れませんね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?竹島宏さん。

私も日頃は全然演歌は聞かないのですが、竹島宏さんは演歌だけでなくムード歌謡というかポップな感じもあるので、多くの人に曲が届きそうですよね!

今後の活躍に期待です!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 足立の紅白愛好家 より:

    昨年まで3回連続出場の三山ひろしも、山内惠介も、「うたコン」の前身「NHK歌謡コンサート」の常連だったが、紅白歌合戦は、縁がなかった。NHKは、否定しているが、紅白にレコード会社の枠があるのは、周知の事実。三山の所属するクラウンには北島三郎が、山内所属のビクターには、森進一とSMAPがいて、二人の出番はなかった。竹島宏の所属のテイチクには、石川さゆり▪天童よしみ▪島津亜矢がいる。枠が増えないと、竹島の初出場は難しい。本人も、ファンも、わかっている。

    • Plastic Boy より:

      なるほど、勉強になります!
      特に演歌の枠が増えるのは難しそうですし・・・。
      でも、こういう真面目な方こそ世の中に出て欲しいですよね!

  2. 足立の紅白愛好家 より:

    文章を一部修正
    紅白歌合戦は、縁がなかった。×
    紅白歌合戦に縁のない時期が、長かった。○
    ただ、芸能界のドンと知られるバーニングプロダクションの周防社長に気に入られると、紅白もスンナリってこともある。