人生のはじめてを伝えるFWD富士生命のCM 流れている勇気づけてくれる歌詞の曲は何!?

FWD富士生命新がんベストゴールドαの新CMをご覧になりましたか?

人生の“はじめて”と共に流れる曲が、切なくも力強い雰囲気で、気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

FWD富士生命の新CM。新がんベストゴールドαとは?

まずはCMをどうぞ!

紹介しているのは、“新がんベストゴールドα”という保険です。

2019年のオリコン顧客満足度調査で、終身型がん保険カテゴリーで1位になっています!

その特徴は、

  • がんが確定した場合、まとまった金額が支払われる
  • 入院も長期通院も安心
  • がんと確定した場合、保険料の支払いは免除
  • 再発予防も含めた抗がん剤治療をサポート

と、かなり安心できる内容ですね!

2017年の統計ですと、がんで死ぬ確率は、

  • 男性:4人に1人
  • 女性:7人に1人

だそうです!

もはや、誰もがなると考えた方が良さそうです…。

“新がんベストゴールドα”に対する説明動画はこちらです

がん保険は私も入っていますが、医療保険は年々いい商品が出てくるので、乗り換えも検討できる商品ですね!

スポンサーリンク

流れている曲は何!?歌っている人は誰!?

さて、このCMソングを歌っているのが誰かというと、3ピースのロックバンド:サンボマスターでした!

サンボマスターのプロフィール

出典元:オフィシャルサイト

  • 2000年:結成、初LIVE
  • 2003年:メジャーデビュー
  • 2005年:フジテレビのドラマ”電車男”の主題歌担当
  • 2007年:両国国技館において6時間以上にわたり全55曲を演奏
  • 2011年:レーベル移籍
  • 2015年:映画”ビリギャル”主題歌担当
  • 2017年:日本武道館公演実施

私がサンボマスターを知ったのは、やはり”電車男”の主題歌ですね!

■メジャーデビューアルバム”放課後の性春”

■ビリギャルの主題歌可能性

■電車男主題歌:”世界はそれを愛と呼ぶんだぜ”

バンドの特徴は、

メッセージ性の強いストレートな歌詞と、ファンクやソウルからの影響を感じさせる音楽性。 ただひたむきにロックンロールを愛し、希求するストイックな姿勢が大いなる共感を呼び、 ワンマンライブ、野外フェスなど常に多くの観客を動員する超大型3ピースロックバンド。

出典元:FWD富士生命ホームページ

となり、聞くたびに勇気が湧いてきます!

サンボマスターのメンバー紹介です!

ボーカル:山口隆さん
生年月日:1976年2月8日
星座:みずがめ座
出身地:福島県
ベース:近藤洋一さん
生年月日:1977年6月16日
星座:ふたご座
出身地:栃木県
ドラム:木内泰史さん
生年月日:1976年8月4日
星座:しし座
出身地:千葉県

元々山口隆さんと木内泰史さんが、東洋大学の音楽サークルで結成したそうです。

同世代のメンバーが3人という最少人数で、熱いLIVEを繰り広げ、ストレートな曲と歌詞が気持ちいいですよね?

COUNTDOWN JAPANやフジロックなどのイベントにも多数出演!

そんなサンボマスターが作った曲が、このCMで使われているのです!

曲名は、”輝きだして走ってく”

■通常版

■完全限定版(メーカー特典あり)

歌詞はあえて載せませんが、私たちを勇気づけてくれる本当にいい歌詞です!

ぜひ、買って聞いてみてください!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

電車男以来、ドラマや映画、CMと色々なところに楽曲を提供しているサンボマスター。

等身大でバンドをやっていて、曲も歌詞も等身大。

そんなストレートな生き方に共感を持つ人が多いのでは無いでしょうか?

私もそんな1人ですけどw

出典元:FWD富士生命ホームページ

スポンサーリンク