東大に日本初で合格!コメンテーター:モーリーロバートソンとは!?

つんのめりがちに早口に喋るモーリーロバートソンさん。

コメンテーターとして活躍したり、“東大王”に出演したりと頭は良さそうでしたが、とんでもなく賢かったので調べてみました!

スポンサーリンク

海外生まれ!?モーリーロバートソンさんのプロフィール

出典元:オフィシャルサイト

  • 生年月日:1963年1月12日
  • 星座:やぎ座
  • 血液型:
  • 出身地:O型
  • デビュー:1981年~

見た目は思い切り海外ですが、日本語を流暢に話すモーリーロバートソンさん。

生まれは世界一の大都市:アメリカのニューヨークとなります!

お父さんがアメリカ人、お母さんが日本人ということで、今流行のハーフですw

生後2ヶ月でサンフランシスコに引っ越し、幼稚園までいたそうです。

1968年、モーリーロバートソンさんが5才の時にお父さんの仕事の関係で日本の広島に移ります。

お父さんは医者だったようで、原爆患者の調査にあたるということで来日したようです。

小学校5年生までインターナショナルスクールに通いますが、より日本人として生きたかったのか、公立の広島市立五日市南小学校に転校し、さらに中学受験をし修道中学校に入学します。

ちなみにトップクラスの成績で入学しているそうです。

この広島時代に原爆の凄惨さを身に染みて感じ、”はだしのゲン”もリアルタイムで読んでいたそうです。

中学校2年生時に、またもやお父さんの仕事の関係で、今度はアメリカのノースカロライナに引っ越します。

その後、サンフランシスコに移り公立学校に入学しますが、モーリーロバートソンさん自身が強く望み広島の修道中学校に戻ったそうです!

生まれはアメリカなのに日本を好きでいてくれるのが嬉しいですね!

とはいえ、なかなか馴染めなかったようで不良になったそうですw

アイロンパーマをかけ、ディスコに行き停学からの退学となったそうです!

また当時の日本(広島?)では、高校で男女が付き合うなどとは考えにくかったようで、そんな中モーリーロバートソンさんは女子と付き合い、かつ浮気もしてしまいます!

しかもいわゆる”不純異性交遊”と呼ばれる行為をしたため学校から目をつけられてしまうのです。

そしてお母さんの実家がある富山県に移ります。

転校先の高校では、広島時代のことを知らされていたのでしょう、かなり警戒されていたらしくバンドさえやれなかったそうです。

同時に、それまで日本の教育方式に反感を持っていましたが、あえて日本の受験に合わせた勉強をし東大が視野に入った途端、学校の先生たちが手のひらを返したようになったようです。

すでにこの時に、

東大は合格して「いらねえ!」って破いてやろう

出典元:日経デュアル

と思っていたそうですw

また、日本の教育方式をこのように喝破しています。

例えば数学の問題ってやたら難しいけれど、あれは問題を技術的に解ける脊髄反射の訓練をしているんです。そういうことを何も考えずにできる人、知性というより服従の回路が強い人のほうが褒められるという理不尽があった。

出典元:日経デュアル

素晴らしい観点ですね。

たしかに訓練すれば、要は量を積み重ねれれば本質を知らなくてもいい、という日本の教育を高校生の時にすでに見抜いていたようです。

そして、1981年、現役で東京大学に合格します!

スポンサーリンク

東大を4ヶ月で中退!?そのわけは?

東大に入ったモーリーロバートソンさん、元々”受験はジョーク”という意識だったようですが、とはいえ日本最高学府の東大では『別の勉強方法があるのか?』と思っていたら、高校時代までと同じような勉強だったことに失望します。

その上、教授はやる気が無く、同級生たちも要領良く勉強してきた人たちばかりで保守的な考えを持っていました。

『ここにいても時間の無駄』と早々に見切りをつけたモーリーロバートソンさんは、東大合格と同時に受かっていた”ハーバード大学”に入学するのです!

ちなみに東大に入るのはジョークという一面もあったようですが、しっかり計算もあって、それがなんと!自分のバンドを有名にするためだったそうですw

というのも確かに東大に合格するのは難しいのですが、それでも毎年多くの人が合格してるわけです。

ただし、これが日本初となるとどうでしょう?

そうなんです、モーリーロバートソンさん、日本で初めて”日本語で東大に合格したアメリカン人”だったのです!

そのおかげで自分のバンドが有名になりメジャーデビューを果たしました!

普通の18才なら、東大に合格しハーバードに合格し、バンドでメジャーデビューしたらウハウハで人生崩壊してそうですよねw

というわけで、東大さえ眼中に無かったモーリーロバートソンさんは、ハーバード大学で電子音楽とアニメーションを専攻し、無事卒業します。

ちなみに卒業制作がこちらです!

しかも在学中に本を出していたのはご存知でしょうか?

5万部のベストセラーになったそうですよ!

本の表紙は若かりしモーリーロバートソンさんです!

その後、発展するインターネットを活用し、ポッドキャストのパイオニアとしてインターネットラジオを配信したり、ニコニコ生放送で配信したりします。

同時にテレビでも活躍の場を広げ、バラエティーからニュース番組まで、ありとあらゆるジャンルに対応できる能力を見せてくれています!

“インテリが知らない世界のおバカ疑問”に出演!

モーリーロバートソンさん、今回“インテリが知らない世界のおバカ疑問”に出演します!

議長としてMCの所ジョージさんを軸に、滝沢カレンさん、りゅうちぇるさん、藤田ニコルさん等と共演。

あれ?いわゆるおバカタレントと一緒に出演しますがw、モーリーロバートソンさん、どんな一面を見せてくれるのでしょう?

出典元:本人インスタ

滝沢カレンさんといえば、以前私も紹介したことがありました!

滝沢カレンのインスタはおもしろい日本語でいっぱい!沸騰ワード10に出演

スポンサーリンク

まとめ

モーリーロバートソンさん、いかがでした?

東大さえもジョークにしてしまう頭の良さに驚きましたね!

日本の教育方針に反感を覚えつつも結果を出し、それでいて日本に諦めをもたず今でも活動の拠点としてくれている。

そんなモーリーロバートソンさんの考えや視点は、この先さらに海外と交流を持つ必要がある日本に必要なのではないでしょうか?

今後、さらに活躍の場を広げ、私たちにもっと新たな考え方を教えて欲しいですね!

スポンサーリンク