うたコンに出演!演歌歌手:福田こうへいはデビューからすぐ独立騒動!?

デビュー翌年にはすぐに紅白歌合戦に出演した福田こうへいさん。

歌手デビューしたのも36才と遅かったのですが、そのことがトラブルを招いた?かも知れないので調べてみました!

スポンサーリンク

元は営業マン!福田こうへいさんのプロフィール

出典元:オフィシャルサイト

  • 生年月日:1976年9月21日
  • 星座:おとめ座
  • 血液型:O型
  • 出身地:岩手県
  • デビュー:2012年~

お父さんが民謡歌手の福田岩月さんとなり、元々歌手になる素地はあったようです。

とはいえ、本格的に歌い始めるのは23才の時からで、呉服店の営業として働きながら民謡を習い始めたようです。

アマチュア時代の経歴も素晴らしく、2002年の“外山節全国大会”を皮切りに数々の民謡大会などに出場し、かつそのほとんどの大会で優勝を重ねます!

もちろん、地方の大会ではなく全国大会での優勝です!

逆になぜデビューしなかったのか不思議なくらいの数ですw

福田こうへいさんは、36才の時に満を持して2012年にデビューすると、翌2013年には早くも大活躍します!

  • 日本有線大賞 新人賞受賞
  • 輝く ! 日本レコード大賞 新人賞受賞
  • NHK紅白歌合戦 初出演

演歌界の期待の星として輝き始めたのです!

スポンサーリンク

遅咲きとすぐに売れたことが独立騒動に発展!?

紅白歌合戦に初出演した翌年も活躍を続け、“峠越え”がオリコンシングルで6位になるなど、2年連続紅白歌合戦に出演することになります。

しかし、この時、福田こうへいさんに独立問題が発生するのです!

紅白歌合戦が行われる12月に発覚したのですが、要は“契約期間”の認識の違いが問題になりました。

契約書としては2014年まで、口頭で2015年まで、という何ともハッキリしないやりとりがあったようです。

そのため福田こうへいさんは、2015年の仕事を新しい事務所で取ってしまい、ダブルブッキングも発生したようです…。

当時、この件に関して福田こうへいさんに対するバッシングが起き、「恩知らず」とか、「天狗になっている」とか言われてました。

10代や20代の始めの頃にデビューした人であれば右も左も分からず、売れても必死に事務所の言うとおりに活動していくでしょう。

ただ、福田こうへいさんは、社会人として営業経験もあります。

営業といえば、売上、利益を考えるのは当たり前。

しかも、歌手としてもデビュー前から賞を総なめにし、要は事務所にはいらなくても自分で何とかできる!と考えるのも無理からぬことかと。

ましてや、事務所にマージンを抜かれるわけですから、金銭面でも不満があったかも知れません。

オフィスKには、確かにプロデビューさせてもらって売ってもらった恩がありますが、福田こうへいさんにも色々言い分はあるんでしょう。

とはいえ、CD出すにも、テレビに出るにも“コネ”は重要で、過去の信頼関係あってこそです。

オフィスKとしても、福田こうへいさんを思うからこそサポートしてたんでしょうが、お互いの溝が埋まらず訴訟にまで発展してしまいます。

結局1年半かかってしまいましたが、2016年の7月に和解が成立。

無事和解が成立したことを受け、福田こうへいさんは、

「(係争中も)コンサートや全国ツアーをやっていましたが、先輩方の曲を借りて歌っていた。ファンの皆さんから『新曲はいつですか?』と言っていただいていたので、自分の歌ができてうれしい反面、お待たせして申し訳ないなという気持ちです」

出典元:オリコンニュース

と語っています。

本当、無事和解できて良かったですね!

一緒に写っているのは、藤あや子さんです!

出典元:本人ブログ

和解が成立した2016年には紅白歌合戦に復帰し、2017年には”道ひとすじ”が、オリコン5位になるなど順調に活動を続け、恐らく2018年も紅白歌合戦に出演できるのではないでしょうか?

うたコンに出演!

今回、福田こうへいさんは、”アナと雪の女王”で有名になったMay J.さんとデュエットし、失恋ソングを歌います!

May J.さんも本当に歌がうまいですし、ジャンルは違う福田こうへいさんとどんなデュエットを聞かせてくれるのか楽しみですね!

スポンサーリンク

まとめ

福田こうへいさん、いかがでしたでしょうか?

デビューした時の年齢が36才と遅いですが、その分、歌手になれた喜びを感じながら歌っているのではないでしょうか?

今も岩手県に住み、東京まで通いながらテレビ出演などをしているようですよ!

トラブルも解決し、これからのさらなる活躍を期待したいですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク