北海道で学生たちと部活動!?失意の底から復活した吉岡里帆の好感度は?

先日、吉岡里帆さんの恩人であるエー・チームの事務所社長が亡くなりました。

ショックでインスタも一時閉鎖してましたが、頑張って立ち直ろうとしてる吉岡里帆さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

好感度が高い吉岡里帆さんのプロフィール

  • 生年月日:1993年1月15日
  • 星座:
  • 血液型:B型
  • 出身地:京都府
  • デビュー:2013年~

出典元:livedoor NEWS

京都府は太秦に生まれ、映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などを身近に育ちます。

太秦といえば東映太秦映画村が有名ですよね!

小さい頃から映画スターを見たり、映画村で良く遊んでいたようです!

私も近くに住んでたら絶対行きたいですし、有名な人がいたら騒いじゃうかも知れません←ミーハーw

家族は両親、弟がいて、忘れてはいけない、“猫”もいます。

また、おばあさんの影響もあって演劇に興味を持つようになったのだとか。

府立嵯峨野高校に入学し、この頃から演劇と書道のどちらの道を進むか悩み始めたようですね。

高校3年の時、舞台”蒲田行進曲銀ちゃんが逝く”(つかこうへい作)を見て感動し、独学で芝居の勉強を開始。

そして、高校3年から俳優養成所に通い始め、学生制作の自主映画にも参加しちゃいます!

ただ、大学は有名な書家である柴舟さんがいる京都橘大学の書道コースに入学します。

ちなみに書道を始めたきっかけは小学校2年生の時に友達に誘われたからだそうです。

元々体が強くなかったみたいで、室内でやれる書道がちょうど良かったみたいですよ。

↓”ダウンタウンなう”で吉岡里帆さんが書いた文字がこちら!

出典元:フジテレビ

そして大学で運命的な出会いをします。

同級生に天才がいて、とてもじゃないがかなわないと悟ったそうです。

もし、その人がいなければ、女優:吉岡里帆さんは存在しなかったのかも知れません。

ということは、私たちはその人に感謝ですね!w

20才の時にデビューするも、映画、ドラマとオーディションは軒並み落ちてしまったそうです。

NHKの朝ドラ”じぇじぇじぇ”、あ、間違えましたw、”あまちゃん”に落ちたのは有名ですね。

なかなか売れず2014年にグラビアデビューをします。

最初のグラビア撮影の時は恥ずかしくて仕方なかったらしいです。

その時の写真がこちらですが、泣いちゃったらしいです。

出典元:プレイボーイ

同じ2015年にチャットモンチーの”いたちごっこ”のPVに出て注目を浴びます。

初々しさが残っていてメッチャ可愛いですね!

2015年に次々に映画デビューしオーディションを受けて”明烏”ではヒロインを演じます!

この映画は喜劇なのでドタバタしているのですが、コメディエンヌとして体当たりの演技を行い、吉岡里帆さん自身も「転機となった」と話しています。

2015年は吉岡里帆さんは東京に移った年でもありますが、”東京でのお父さん”に当たるのが、先日亡くなったエー・チームの代表:小笠原さんです。

小笠原さんのおかげで今の自分があるという吉岡里帆さんの悲しみは相当深かったのでしょう。

あまりのショックに、

大切な人を失い遣る瀬ない気持ちでいっぱいで、いつもみたいに明るい投稿ができそうに無いと思い喪に服すという意味でもしばらく更新をお休みしていました

出典元:Yahooニュース

というように、インスタグラムを一時期非公開にしていました。

さて話を元に戻し、

2016年に落ち続けたNHKの朝ドラに出演することができ(この時も落ちてはいるのですがw)、一躍注目を浴びるようになりました!

その後はみなさんご存知の通り各局の連ドラや、ゼクシーに代表されるCMに出演するようになりブレイクします!

ブレイクした理由は色々あると思いますが、何事も一生懸命!というところでしょう!

ドラマの演技もそうですが、バラエティでもとにかく一生懸命です。

ちなみに一生懸命というのは、性格の真面目さから来ているようで、前述の”ダウンタウンなう”に出た際も、とにかく段取り通りにやろうとしたり、トークの中で出てきた笑いを取れるキラーワードを振られているにも関わらず一生懸命考えた挙句、自分の気持ちを話してせっかくの松ちゃんのフリを台無しにしてしまったりw

『天然?』と思う部分も多々ありますが、そこが好感度が高い要因ではないでしょうか?

またポッと出で売れたわけでもなく、オーディションに落ちて苦労しているのはもちろん、書道で八段までいっているという努力家の面も好感度を上げている要因だと思います!

書道八段以外にもこんな部活をやってました!

小学生の時から書道をやっている吉岡里帆さんですが、もう1つ特技があります。

それはアルトサックス

これまた演技がらみですが映画”スウィングガールズ”に憧れ、中学の時に吹奏楽部に入りアルトサックスを始めたようです。

ミーハーと言えばミーハーですが、 映画に憧れ部活まで入るとは凄いですね!

高校ではアルトサックスをやっていたこともあり、同級生に「軽音楽部に入ろう!」と誘われて”さくらん”というグループ名まで決めたそうですが、1回も集まることなく解散だったらしいですw

『さくらん!?』

はい、すでにお気づきの方もいると思いますが、これまた蜷川実花さんが作った映画”さくらん”がきっかけですw

しかも、この話の後に吉岡里帆さんはソフトボール部のマネージャーになってしまったそうです!w

色々なことをやっていますね!

スポンサーリンク

北海道で部活動って!?

さて、そんな吉岡里帆さんですが、今回NHKの番組:”鶴瓶の家族に乾杯”に出演します。

舞台は北海道の新冠町。

牧場を訪れたり、地元の中学校に行ったり。

ここで部活動を吉岡里帆さんがやるということですが、一体何をやるのでしょう?

鶴瓶さんとどんなからみをするのか気になりますし、何より真面目な一生懸命さで、どんな旅を繰り広げるのか気になって仕方ないです!

出典元:NHK

スポンサーリンク

まとめ

今回あらためて吉岡里帆さんの魅力が高いことが分かりました!

真面目ではあるけれど、色々なことにチャレンジしてしまうという不思議なバランス感覚を持っているのかな?と思います。

清純というだけでなく、かといって面白いというだけでなく、ある種、新しいタイプの女優さんなのかも知れません。

今後の活躍に期待しまくりですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク